Skip to content

歴史ブーム

突然ですが、私は、歴史的なもの、好きです。

「なぜ好きか」と問われると特に面白い答えは出てこないんですけど。
でも、昨今の「歴史ブーム」に乗っかってないことだけは確か。

だって、私と歴史ブームの人たちって、こんなに違うんですもの。的な考察。

ねぇ、ホントに歴史好きなの?

世間一般で言われる、いわゆる歴史ブーム。
私の周囲にも、歴史ブームに見事に乗っかってる人、います。

いわゆる「にわか歴史ファン」ってやつ。

例えば

  • 鬼滅の刃が好きで、アニメも漫画も全部見てる人
  • 神社めぐりが好きで、御朱印帳を何冊も埋めた人
  • 戦国無双が好きで、新作が出る度にプレイしてる人
  • テレビでやってる歴史上の偉人の話を食い入るように見る人
  • 新選組が好きで、子供に宗次郎と付けたがってる人
  • 毎週、ブラタモリ見てる人(←これは私)

いっぱいいるんですけどね。
残念なことに

ことごとく、話が合わない。

何か、私に響くトコと、その他大勢の「歴史ファン」の人の触れる所って、全然違うんですよね。。

例えばこんなこと。

神社の成り立ちや祭神に興味がない

歴史ファン(以下、歴)「私、○○神社行きたいんだー。恋愛成就に有名っていうじゃん」
私「あー、あそこね。でも祭神はスサノオだよね」
歴「は?」
私「は?」

このやり取りは非常に多いですね。

え、神社に行くんだからそこの神様にお参りに行くんだよね??
神様のおうちなんだから、誰が住んでるかくらい知っておいても良くね?

っと、毎回思います。

結局本人たちに興味があるのは

  • 有名な神社であること
  • ご利益があること

つまり、神社であればなんだっていいんだろうな。

例えば、私の生まれた村の神社は、大山祇をまつった神社で、その地方は昔から木を切って木炭を作る風習があったそうなので、山の神様を祭るのはとても自然な流れですよね。
私は↑こんな話がしたいワケですよ。

なぜその土地に、なぜその神が祭られてるのか。
そのあたり、私にとってはとても興味のある話なのですが、今まで一度として賛同を得られたことはありません。。

歴史ブームは見せかけだけ?

結局思うのは、その歴史ファンの人からすると、表面上なものしか見てないんですよね。

  • 神社なら、ご利益があればOK、有名ならばOK。
  • ゲームなら、やり込めればOK、スカッとすればOK。
  • 漫画なら、面白ければOK。

私だって、神社にお参りもすれば、ゲームだってするし漫画も読みます。
やってることは同じなんだけど、たぶん全然違うことを見てるんですよね。。

ちゃんとした(?)歴史好きの方々からすると、「歴史の面白さ」はそれぞれだと思いますが、たとえはその人となりや生い立ちだったり、その国の情勢だったり、背景だったり、ってところに興味があるんですよね(きっと)。

まとめ

歴史ブームって、「結局見た目(=ビジュアルとしての味付けとして作られたものが人気)」なんじゃん、って思ったら急につまらなく感じてしまいますね。。

私個人もこの記事の語気も意気消沈気味。。

私の個人的な歴史の楽しみ方もいろいろあるので、それはまた別の機会に(ちゃんとテンションが上がってるときに)書いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です