Skip to content

旧態然とした

旧態然とした、という言葉、かっこよくてつい使ってしまいます。

いかにも古く、保守的で、まったく進展しない状態を指した言葉なのですが、実は、この言葉は誤りだとのこと。

どうしても納得がいかなくて、ちょっと気になったので考えてみました。

「旧態然とした」は誤り?

「旧態然とした」という言葉は誤りで、本来は「旧態依然」という言葉であるとのこと。

え、ちょっと待って、その二つの言葉ってちょっと意味が違うくない??

いや、意味は同じか。
使い方というか、言葉の成り立ちというか、そもそも違うものですよね。

「旧態然とした」という使い方でも、十分間違っていないと思うのだけれど。

~然とした、という言葉はある。

「~然とした」、という用法はあって、主に名詞につなげて使うものですよね。

紳士然とした振る舞い
さも紳士であるかのような、これぞ紳士だ、というふるまい

このように接尾語として使います。

文頭に来る言葉(名詞)のイメージを、そのまま形容動詞的に使える、とても便利な言葉ですよね。
いろんな言葉につなげて、オリジナルな表現をするとができます。

そう、いろんな言葉につなげられるんですよ!

「旧態+然とした」は間違いじゃない!

名詞につけることで形容動詞化できるのであれば、「旧態」という名詞に「~然とした」をつなげることは、何ら間違っているとは言えません。

日本語のルールには則っていますし、意味も十分通じる言葉ですよね。

これをとらえて「誤り」とは、これはいかに。

旧態依然は四字熟語ですよ

そもそもの話ですが、正しい用法として言われている「旧態依然とした」にも、疑問が残ります。

「旧態依然」は、四字熟語です。
四字熟語とは、漢字四字で状態や様子を表すことば、慣用句。

熟語なので、これ単独で単語として使えるんですね。

ということは「旧態依然とした」という言いまわしはもちろんあり得るのですが、それ以外の言葉につづけてもいいってこと。

例えば

この会社の組織は旧態依然だ。
旧態依然な官僚制度。

みたいな表現でも、用法的には間違っていないはずです。

「旧態依然とした」と、後につづく言葉が固定された四字熟語の方が、違和感があります。

(旧態依然とした、という言葉も確かに、慣用句として成り立っているので、この組み合わせが最も「っぽいよ」っていうのはわかるのですが。。)

そもそも正しい日本語って何?

そもそも、正しい日本語って、何なんでしょう。

この言葉については改めてじっくり考えをまとめたいんですが、私はこの言葉が大っ嫌いです。

日本語はこの数千年の中で、様々な文化に触れあいながら構築された、とても軸がブレブレな言葉だと思ってます。

日本古来の大和言葉から始まり、中国や朝鮮などの大陸文化に触れ、文明開化後は欧米の言葉に侵され、現代に至ってなお、進化(?)し続ける言葉、それが日本語のはずです。

では、↑の「正しい日本語」って、どの時代の言葉のことを指してるんでしょう?

こう変化していっては、どのラインが正しいって、言えないと思うのですけれども。

日本語ってもっと、自由なものなんじゃないですかね。
意味や雰囲気が伝われば、それで正解なんじゃないんですかね。

まとめ

「旧態然とした」は、名詞「旧態」を形容動詞化した言葉。
一方、「旧態依然」とは、旧態然とした状況を言い表した、四字熟語。

これで決まりですね!

これをご覧になっている皆様も、「正しい日本語」だとが「この表現は間違ってる」なんて粗を探すようなことはやめて、

どう表現したら、もっと面白く、ユーモアのある日本語の使い方ができるか、

に注目したほうが、とても有意義なんじゃないかな、と思います。
(正しい日本語が間違ってる、って言ってる私も、五十歩百歩ですが(笑))

4 Comments

  1. はじめまして。
    私も普段は知り合い以外にはコメントしませんし、そもそも、コメントなんかを期待されていないかもしれませんが、このポストに激しく同意いたしましたので、その意思表明を。

    なんだか、訳もわからずに型にはめてしまうのは、嫌な風潮ですね。
    まあ、私も年寄りになってしまっていますので、若者の無手勝流な言葉の使い方も違和感を強く感じるんですが。

    その境目ぐらいを、上手にセンス良く使いたいものです。

    • webadmin webadmin

      sasakiさま
      コメントありがとうございます!
      大変うれしく思います。

      私も全く同じ意見です!
      「正しい○○」を大事にするのが日本人の国民性かもしれませんが、そういうのが特に多くて辟易してしまいます。。
      しかし、かくいう私自身も「正しい言葉を書けているか」と心配になったりするのですが(笑)

  2. hiroshi sasaki hiroshi sasaki

    お返事ありがとうございます。

    この旧態然を確認したのも、森氏の失言に毎日新聞の記事が「ひどく旧態依然」と書いてあったのに、反応したからなんです。
    # まあ、あの人の失言は昔からで、失言でなくも無知で、I.T.がイットでしたから。

    その見出しになんだか違和感を感じて、名詞的用法と、副詞的用法の両方があるよなと考えて、副詞的用法なら、「旧態然」のほうがフィットするなと。
    そこで、ちょっと確認のためにネットを調べると、記事にも書かれているように「旧態然は間違いの大合唱」。

    ムッとしながら見ていると、この記事を見つけて、ついコメントを付けてしまいました。
    まあ、私も一般的な表記よりも読点が多すぎますし、言葉遣いもどこまで適切かはわかりませんが、一応注意はしているつもりです。
    #このリズムが好きなんです。

    また、何かありましたら、よろしくおねがいします。

    • webadmin webadmin

      森さんの発言にあったんですね。。
      今改めてニュース系記事を検索して思いましたが、例え話者が「旧態然」と発言しても、文字にされた場合に「旧態依然」に書き換えられているのかもしれませんね。。

      > 私も一般的な表記よりも読点が多すぎますし、
      私も良く指摘をされます。奇遇ですね。

      この記事、このサイトは完全に趣味の範疇なので気ままに更新していますが、いつでもご意見・ご感想お待ちしています!
      こちらこそよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です